部長ご挨拶

部長ご挨拶

日本医科大学千葉北総病院 集中治療室 部長 浅井 邦也

1994年の開院時から16床で運営されていた集中治療室は、これまで循環器救急疾患を中心とした内科系重症疾患と救命救急センターが担当する外傷やショック、そして心臓血管外科の術後管理目的の患者さまの治療を行ってきましたが、昨年(2018年)8月に救命救急センターが別病棟に移動しました。現在、集中治療室は12床になり、循環器救急疾患(急性心筋梗塞、不安定狭心症、うっ血性心不全、急性大動脈解離、重症不整脈、肺血栓塞栓症など)・呼吸不全・腎不全などの多彩な内科系重症疾患とともに心臓血管手術(冠動脈バイパス術、弁置換術、大動脈人工血管置換術など)、腹部外科手術(肝切除、膵頭十二指腸切除術など)やその他のハイリスク患者の術後管理を対象とした患者さまが入室され治療を受けられています。
つまり当集中治療室はCCU(Cardiovascular Care Unit)、General ICU(Intensive Care Unit)、そしてsurgical ICUとしての役割を担っています。
このホームページは、これらのうち内科疾患を担当する集中治療室専従医の活動について掲載します。当室専従医は日本医科大学循環器内科からのスタッフで構成されておりますので、対応疾患は救急循環器疾患(が主体になりますが、急性腎不全・呼吸不全・多臓器不全・敗血症なども多く収容されています。急性期治療で全身状態が安定後は一般病室に転室し治療・リハビリテーションを継続することになります。
2018年度の収容患者数は889例で、救命救急センター327例、内科(専従医担当)468例、心臓血管外科77例、その他17例でした。