当室の特徴

当室の特徴

日本医科大学千葉北総病院 集中治療室
医局長 白壁章宏

集中治療室は主に集中治療部(内科)、救命センター、胸部外科(主に術後)の症例が入室します。われわれ集中治療部(内科)は浅井 邦也部長を筆頭にスタッフ数名で構成されています。スタッフは全員ICU専従で勤務しています。我々集中治療部(内科)の診療対象となる症例は急性冠症候群、心不全、大動脈解離を始めとした心血管系救急疾患を始め、敗血症、多臓器不全などの内因性重症患者も入室することがあり幅広く内科系重症患者さんの集中診療を行っています。最近は入室患者数も多く忙しい毎日ではありますが、医師スタッフ、コメディカル全員結束し、すべてのICU入院患者様が元気に退院できるよう日々奮闘、努力しております。

皆様と同じゴールを共有するために

集中治療室 看護師長 佐々木圭子

集中治療室にご家族や知人が入院されてたとお聞きになったら、普通の入院以上にご心配になると思います。まずは入院されたご家族の顔を見て、医師からの説明を聞かないことには不安が高まるばかりだと思います。私たち医療者は毎日の環境ですが、患者さんやご家族には人生における大きな事柄です。私達看護師は、その「大切な、大きな人生のひと時」に関わらせて頂ける事に、大きな責務と喜びを感じております。 救急車やドクターヘリで搬送されて、当院を初めて受診された方もいらっしゃると思います。そのような皆様にも安心して治療を受け、千葉北総病院に搬送されて良かったと感じていただけるよう、千葉北総病院の職員として、医療チームの一員として、看護師として、お世話にあたらせて頂く所存でございます。患者さん・ご家族の皆様もチームの一員として、ぜひとも御自身の治療に積極的に参加して頂きます事を切に願っております。

患者さんに寄り添い、前進するため共に考える看護

集中治療室 主任看護師 慢性心不全看護認定看護師 高橋みどり

病を抱えて入院される方の不安や動揺は大きいと思います。看護師として、患者さんやご家族がお互いの存在の大切さや絆を深めてもらう機会になるような橋渡しを心掛けています。その中で、患者さんやご家族に寄り添いお話を聞かせて頂き、これまでどのような人生を歩んで来られたかを大切にしたいと考えております。これらの関わりを通して、集中治療室にいる早い段階から心疾患の進行や状況に応じて、平穏な日常生活を取り戻せるように退院に向けた生活の方法を一緒に考えていきます。患者さんの「生きがい」や「目標」を入院生活の糧とし、1日も早く社会復帰出来る様に、多職種でコミュニケーションを取りながらサポートさせて頂くことを努力致します。

感染症で苦しむ患者さんを減らしたい

感染症看護専門看護師 桐明孝光

感染症看護専門看護師は、施設や地域における個人や集団の感染予防と発生時の適切な対策に従事するとともに、感染症の患者さんに対して水準の高い看護を提供する役割があります。集中治療室に入室する患者さんは、侵襲の大きい術後や治療のために多くのカテーテルが挿入され、易感染状態にあります。その反面、敗血症などの重篤な感染症を起こした患者さんも治療のために入室します。易感染者と感染者が混在する病棟で伝播を防止しながら、患者さんの早期回復を支援するため、医療従事者の感染対策に対する認識の向上、手指衛生の徹底、医療環境の整備や看護ケアの改善などに取り組んでいます。 感染症で苦しむ患者さんが少しでも減るように、集中治療に関わる医療スタッフ全員を巻き込みながら取り組んでいきたいと考えています。