当室の特徴

当室の特徴

日本医科大学千葉北総病院 集中治療室
医局長 小林宣明

集中治療室は主に集中治療部(内科)、救命センター、胸部外科(主に術後)の症例が入室します。われわれ集中治療部(内科)は畑 典武部長を筆頭にスタッフ数名で構成されています。スタッフは全員ICU専従で勤務しています。我々集中治療部(内科)の診療対象となる症例は急性冠症候群、心不全、大動脈解離を始めとした心血管系救急疾患を始め、敗血症、多臓器不全などの内因性重症患者も入室することがあり幅広く内科系重症患者さんの集中診療を行っています。最近は入室患者数も多く忙しい毎日ではありますが、医師スタッフ、コメディカル全員結束し、すべてのICU入院患者様が元気に退院できるよう日々奮闘、努力しております。

ICU看護について

日本医科大学千葉北総病院 集中治療室
集中ケア認定看護師 加瀬寛恵

認定看護師は日本看護協会から認定され、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的とされています。集中ケア分野では重症な患者さんに対して、重篤化を回避するケア、二次的合併症の予防、早期リハビリテーションの実施が役割です。集中治療室内の活動としては、医師とのかかわりを積極的にもち、人工呼吸器や補助循環装置を使用しているような状態の時から、1日でも早く回復できるよう、早期からのリハビリテーションや日常生活援助を行っています。特に、人工呼吸器関連肺炎の予防に積極的に取り組み、学会発表をはじめ、最新の医療情報を共有し、質の高い看護ケアを提供できるよう努力しています。また、集中治療室看護師による呼吸ケアやせん妄対策チームのコーディネーションも行っています。集中治療室を退室された患者さんに対して、安心して治療が受けられるよう、一般病棟に移動してからの看護ケアについても援助させていただいています。

当室の特徴